40代未婚女 婚活ブログ

40代 未婚の女性です。
ひとりでのびのび暮らしているこの生活がやめられない(><)
でも家族と呼べるお相手がほしくなってきました。

40代女性の結婚出来る確率は1%?
結婚出来るかは分からないけれど、婚活、始めます。
頑張ります!

9人目 お見合い

前回のお見合いから1週間後、9人目の方とお見合いしました。


今回のお相手は51歳の会社員さんです。

プロフィールとお写真を見る限り、ステキな方です。


お相手のお住いが私の住まい、勤務地から少しばかり遠いので、もし、この方とご縁があれば、20年以上勤務している会社を退職して、新たな地でアルバイトやパートでもしようか?などと想像していました。


お相手が私を気に入ってくれたならば、もうこの方に決めよう!という気持ちでお見合いに望みました。


ところが、ダメでした。。。

会って5分くらいで、あ〜、ダメだ。お断りだ〜と思いました。


軽いんです。

51歳という年齢から、勝手に大人の方を想像していました。

しかしお見合いは、1対1の合コンに来ちゃった感じでした。


お見合いはホテルのラウンジだったのですが、注文した紅茶がきたら、

「好きなだけ飲んで、ぐぅ〜っと飲んじゃって!」から始まり、9月に温泉に言った話をしたら、「いいね〜!行きましょう〜!一緒に〜!」というノリ。


初めて会う人に、お泊りを想像する温泉に行こうと言われるのは、ちよっとひく。


明るく楽しい人は好きですが、お見合いで初対面の時にふざけているのか?みたいな感じで不快でした。


この方が年下なら良いのですが、私よりお兄さんでこんな感じ。


もう最後のお見合いのつもりで望んだので、ショックでした。

お仲人さんが頑張ってくれて、たくさんの方からお見合いのお申込みを頂いていたのに、なんでこの方を選んでしまったのか後悔しました。。。


お互い様ですが、本当に会ってみないと分からないものですね。


でも2時間もお話しました。

お断りと思いながら、でも良い所も探しながら。結局はお断りしましたが。


あ〜!クリスマスや初詣をステキな方と一緒に過ごして、来年には結婚したいと思っていたけれど、上手くいかないですね。(TT)


なんかもう、クリスマスだからとかお正月だからとか、わさわさした気持ちで、お見合いの申し込みをしたくないです。

あと半月は心を落ち着かせ、来年から頑張りたい。

 

今、貴重な1人の方からお見合いのお申込みがきているのですが、お返事どうしよう?

良さそうな方なので、お会いしたほうが良いと思うのですが、ちよっと落ち着きたいです。。。

再始動 8人目 お見合い

やはり結婚相談所での婚活が私には合っていると思い、お相手選びを再始動しました。


クリスマス前ですからお仲人さんも私を売り込みしてくれたらしく、先月はどぅ〜っとお見合いの申し込みがありました。


出来るなら皆さんとお会いしてみたいのですが、それは難しいので、考えに考え2人の方にお見合い承諾のお返事をさせていただきました。


そして久々のお見合い。

久々なので緊張しました(^^;)


お相手は52歳の自営業の方です。


とても穏やかな感じでステキな方でした。

この方はすっごく奥様を大切にされる方だと思いました。


でもお見合いの半分くらい、ご自身が40年ほどファンであるミュージシャンのお話で、少しはひきました(^^;)


挨拶がすんで早々、「ちかこさんはどんな音楽を聴きますか?」と聞かれ、見てほしいものがあるとスマホを差し出し画面を見たら、お好きなミュージシャンのコスプレ姿のお写真。コスプレしてライブに行かれるそうです。


私も音楽は好きでライブにも行きますが、初めてお会いするお見合いでの話の半分が、フェイバリットミュージシャンの話っていったい。。。


良い方でしたし、お返事に悩みました。


よ〜く考えに考え、交際お断りのお返事をしました。


また頑張ります。

姉が設定したお見合い、およびじゃない私

姉が設定したお見合い相手の公務員Aさん。


私はAさんは私のことに好感をもっているとは思えませんでした。


姉に「Aさんは私のことに興味ないよ。もう結婚相談所でお相手探したいです」と申し出ても聞いてもらえません。


姉はママ友に相談したら「妹さんの気持ち、よく分かる〜。Aさん、女性に対して奥手だから。うちの旦那も奥手でデートの予定は全て紹介してくれた上司が決めてお互いに連絡してデートしていたの。」とのこと。


姉は「ちいちゃん(ちかこのこと)からバンバン行かないとね」と言いました。


それからやっとランチデートの日がきました。私はお見合いの時にお食事をご馳走になりましたので、お礼にチョコレートを用意しました。お見合いの時にAさんは、甘い物がお好きと聞いておりましたので。


Aさんか見つけでくれた洋食屋さんは町の外れにある小さなお店でした。


あまり人がおらず、居心地が悪かったので、食事が済んたら早々に店を出ました。


その後、町中の小さいけれどお客様でいっぱいの喫茶店でお茶しました。


そこてたくさんお話をしました。


姉のママ友には私の簡単なプロフィールを伝えていましたが、Aさんには私のことを詳しく話していなかったようです。


話の最中、私は見逃しませんでした。

Aさんの私に対する無意識の拒絶反応、行動を。


Aさんは私のことを若い女性と思っていたようです。

私が46歳であることを言ったら、顔にうっすら汗をかき、両腕を組み始めました。


明らかに私を拒絶している無意識行動が出ちゃっていました。


喫茶店を出て、お礼のチョコレートを渡しました。


Aさんは私を駅の改札まで送ってくれました。


もうこれでAさんに会うことはないなと思いました。


ふん、自分は50歳過ぎているくせに!という思いもありますが、仕方ありません。


そんなこんなで、また結婚相談所で頑張っています(^^)